FC2ブログ

途中報告8~笑顔便の第4便~(*´∇`*)

みなさん~応援とか色々とご心配ありがとう~~~!


12日(金)2時間の移動をМ女子はがんばって、やっと茨城の病院に転出来ましたよ

当日も昨日もバタバタしていたので写真が撮れませんでした


移動中はやっぱり体は痛かったらしいけど

一回も吐かなかったのでだいぶ体力的にも気分的にも違ったみたい。

着いてからも吐き気はなく、その分食欲があり

今まで何も飲食していなかったのに出されたゼリーを完食~~!


一度は諦めていた病院へ転院出来て本当に嬉しいと言った。

そして、会いたかった院長先生に会う事が出来て

感動で泣いちゃってたよ~~~

病室も看護師さん達も、もちろん先生達も

何もかもが優しくて思っていた以上らしくて本当に喜んでいるよ。


みなさんのお蔭です!!本当に感謝しています!

心からありがとう。


そして、初めの病院のソーシャルワーカーさんがこの茨城の病院を

必死に探してくれたのよね。この前に転院した病院も・・・

彼女がいなかったら・・・今頃は・・・

何にでも一生懸命で何よりも患者の事(特に命のこと)を一番に考えてくれて

彼女に出会えて本当によかった。ありがとう!!

素敵な彼女の写真を載せて素晴らしいソーシャルワーカーさんを紹介したいところですが

今回は了解を得ていないので、想像してね~~




これからも皆さんに支えられながらМ女子はがんばりますよ~~!

もちろん私達も!

どうぞよろしくお願いしますね。


あと、お兄さんに会う件は・・・

妹がМ女子に話したらOKしてくれて転院の前日に涙の再会をしました。

20年以上会っていないから、お兄さんと言われなければ

分からないほど変わっていたみたい・・・

М女子、頑張ってお兄さんに会ってくれてありがとうね。


さて、これからは毎日病院へ会いに行けます~

そして、火曜日からは2レンジャーとちゃーこがまた泊まりに来るので

時間の使い方が下手っぴな私はこれからもバタバタだよ・・・きっと・・・


だから初めてのコメントの方やお返事していない方々~~~

申し訳ありませんが気長に待ってってね。ごめんね。






遅くなりましたが


笑顔便~第4便~みなさんありがとう!!







第4便~1
Anneさん ありがとう




第4便~2
r0co2さん ありがとう





第4便~3
りんさん ありがとう




第4便~4
HASUMIさん ありがとう




第4便~5
ROUGEさん~purasu~さん ありがとう





第4便~6
まめはなのクーさん ありがとう




第4便~7
ぴゃるみさん人間せんせいさん ありがとう





第4便~8
犬白ママさん ありがとう




第4便~9
aalaさん ありがとう





 まだまだバタバタですが・・・
ポチポチッと応援お願いします
     
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村



いつもありがとうね~~!
皆さんの応援ポチやコメント本当にありがたいです!とっても励みになります
これからも、ひげ姉妹をよろしくお願いしますね


ぐるの病気の事を心配してくれているみなさん、本当にありがとうね~
ゆっくり治しますよ~~


コメント欄は開けてありますが、今回もお返事はお休みさせてね






2013-04-14(Sun)
 

途中報告7~~ヾ(~Q~;))((;~Q~)ノ バタバタッ!!

ここのところ本当にバタバタで報告もすっかり遅れてリアルタイムで

伝えられていないです・・・


笑顔便の4便もとっくに持って行って、うひゃひゃ~~と笑顔になってもらったのに


ブログにUP出来ていない・・・本当にごめんね。


え~と・・何から書いたらいいのだろう・・・


3日(水)までは写真のように元気だったんだけど


4日(木)5日(金)6日(土)と3日間はどうしても用事があって

誰も病院へ行けなかった。

7日(日)私達は強風の中会いに行ったらすっかり様子が変わっていた。


転院してから字も書けるようになって記録帳もつけていたのに水曜日までで終わっている。。。


お粥とかゼリーとか食べたり飲んだりしていたのに

木曜日から何もまったく口にしていないし、看護師さんが言うには

声もかすれて出なくなったと・・・


なるほど・・・いくらメールを送っても返事がないわけだ・・・


私達に気づくと「来てくれたの、ありがとう。」と言うと


ボロボロ泣き出した。


そして、体がとても痛かった事や夜に色々な音が気になったり恐かったりで


全く眠れなかったことを泣きながら話した。


私達が「ごめんね~」って言いながら頭や体をさすってあげてると


いつの間にかスヤスヤと眠っていた。


しばらくして目が覚めると、とても穏やかな顔になり普通に話せた。


そしてМ女子は

「今すぐ放射線治療をして早く茨城の病院へ行きたいって事を
 
 ソーシャルワーカーさんに言ってるんだけど全然やってくれない・・・」と悲しそうに言った。


う~ん・・・私達も何で治療が始まらないんだろう?と思っていた。


今はソーシャルワーカーさんに何を聞いても教えてもらえないし。。。


М女子は相変わらずお父さんやお兄さんに会う事や全ての事を拒否している。


私達は考えた。


病院は彼女の希望よりも親族の承諾がなければ動けない?動かない?


彼女が拒めば拒むほど何もかも進まないと。


実際にお父さん達が何て言っているのか全く分からないし・・・



これから先、茨城の病院への転院などを考えると親族がやった方が

色々とスムーズだと思うので、彼女は望んでいないけれど

全てを任せた方がいいと思った。



私達がお父さん達に会うのも嫌がっていた彼女に

「私達、お父さん達に会おうと思う。そして全部引き継いでもらうよ。

 お金の事とかも任せて、私達は肩の荷を下ろしてその分側にいる時間を作りたい。」

と言ったら彼女は泣きながら「うん、そうだね。」ってわかってくれた。



ソーシャルワーカーさんに言ったところ


8日(月)の午後4時にお父さん達に会う約束をしているのでその時にという事になった。


この日は笑顔便を見て笑ったり、手足をマッサージしてあげたり


かなり遅くまで楽しい時間を過ごして、「また明日ね~」と


強風の中、車が飛びそうになりながら帰った。



それが何故か月曜日も凄い風だったのよ・・・トホホ・・・


話し合いの当日、どうなるのか全く分からないけど


とにかく良い方向に進んで欲しかったので


転院などで一旦家に持ち帰っていたみなさんの願いと祈りの入った折鶴を


すべて集めて病室へ飾った。


鶴さん達、どうぞМ女子を守ってください。


あまりの多さに驚いていたよ~~~


鶴に囲まれて~1




М女子は持って行った鶴を一本一本丁寧に見ていった。

「すごいね~折るの大変だよね。繋ぐのなんてもっと大変だよね。」

「きれいだね~~! こんなにたくさん本当にありがたいね~」って言いながら。


一番気に入ったのが、繋がれた鶴の一番下にあるビーズやボタンなどなど

「みんな違うよ~~~~ほら~ほら~」ってはしゃいでた。



鶴に囲まれて~2



この後、お父さん達に会いに行きました。


話し合いの内容は・・・


話し合いと言うよりも・・私達は今までの事を話してお金などの引き継ぎと


後はとにかく彼女が望むようにしてあげて欲しいと言う事をお願いした。

(茨城の病院がもう受け入れしてもらえるのでそちらに転院出来る)


でもねぇ・・・それがねぇ・・・


本人に会って、本人の口から聞かないと納得できない!

そうでなければ支払いやお金の件もその他の手続きも出来ないの1点張り~~


会いたいという気持ちは分からなくもないけど


今は本人の気持ちがダメなんだもの・・・


会ってから2時間・・・難航です・・・


内容はブログにかけません・・・すみません・・・


私も妹も全く言葉もなくなり・・・


心の中で鶴さん達に祈るのみ・・・




そして、今までずーと話していたお父さんの横で


黙って聞いていたお兄さんが「茨城に行かせてあげようよ。」と言ってくれました。


それを聞いた途端力が抜けた・・・


この後すんなり終わったわけではないが、お兄さんの言葉を信じて


私達は彼女の待つ病室へ帰って報告した。


そしてこの日も私達は遅くまで楽しんでから帰った。


次の日

妹のところへソーシャルワーカーさんから連絡があり

「12日の金曜日に茨城の病院へ転院が決まりました。」って!


このブログがUPされるのが11日だから


そうです!!


今頃、「えっ!明日ってこと~~~~!」と驚いているみなさん


いや、「えっ!それって今日じゃない~~~!」と驚いているみなさん



そう言う事になりました。


無事に転院できることをお祈りくださいね。



今日から妹は泊りでМ女子の側にいるよ。


あとね・・・私達・・・


これから先、後悔が無いようにするにはと色々考えたんだけど


やっぱりお兄さんとは話せる時に会っておいた方がいいと思って。


М女子の為にも、お兄さんの為にも・・・










本日のおまけ~~~~~!


本当は1か月ごとに血液検査をしなければいけなかったぐるだけど

バタバタしていたのと、元気だったので・・・

こんなに遅くなっちゃった

やっと6日(土)に病院に行けましたよ。

そして2にゃんともワクチンだったのよ~~



うたこはうちに来て初めての病院。

車酔いが酷いと言う事で、車の中ではキャリーから出して様子を・・・

よだれダラダラ・・うんp・・・

そして頑張ってくれたけど、病院へ着いた時にゲロッピ~

かわいそう・・・

でも車から降りれば大丈夫!

ぐるはそんなうたこが心配で仕方ない感じ。


診察は

なんとぐるの血液検査は正常値~~~やった~!

でも、ワクチンは免疫の病気(自己免疫性溶血貧血)だから

今回はやめておきましょうとのこと。



うたこは前回うんpだけ検査してもらたら回虫がいたので今回も検査よ~ん。

ちょうど酔っぱらってうんpしたからね・・・


検査結果はOK~もういないよ~~~やった!


そして完全室内という事で3種ワクチンをちくんしました


とてもいい子でした~~~~~うふふ。。



終わった時の様子・・・


ワクチンだよ~1






ワクチンだよ~2





ワクチンだよ~3







帰りもうたこだけキャリーから出したらかあしゃんのお膝によっこらしょ~


だっこでかえるでちゅよ
ワクチンだよ~4






にゃにか、うごいたでちゅ・・・
ワクチンだよ~5


隣を走る車だよ





あたち、へっちゃらでちゅ~ ゲロッパしないでちゅ
ワクチンだよ~6


うたこ~すごいね!

お家まで頑張りました~~~~






 まだまだバタバタですが・・・
ポチポチッと応援お願いします
     
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村



いつもありがとうね~~!
皆さんの応援ポチやコメント本当にありがたいです!とっても励みになります
これからも、ひげ姉妹をよろしくお願いしますね


ぐるの病気の事を心配してくれているみなさん、本当にありがとうね~
ゆっくり治しますよ~~


コメント欄は開けてありますが、今回もお返事はお休みさせてね





2013-04-11(Thu)
 

途中報告6~それとつづき~~


前回の転院の記事に沢山の「よかったね!」「おめでとう!」の

コメントをありがとうございました!!

みなさんのお蔭よ~~~~本当にありがとう



そして気になる只今のМ女子の様子は~~~




今だから書けるけど・・・転院前の様子は・・・

食べる事も飲む事も出来なくなって一週間以上経った時のМ女子は

全く力もなくなり、やっと持っていたスマホも持てなくなり話す事もやっと・・・

今にも消えそうな命・・・

時々、小さな声で「悔しいよ~・・・」と呟くМ女子。

黄疸で顔が黄色くなり、話している途中で白目・・・意識なし

しばらくすると意識が戻り、うふふっと笑う。。。

こわいよ~~~やめてくれ~~~心臓に悪いよ・・・


でも、25日に私達が転院のお願いに行くことを知っていたから

気力と根性で頑張っていたんだと思う。凄過ぎ~~~~!えらい!




さて、転院したМ女子・・・写真は4月1日のものだが・・・


モルヒネとステロイド、強い薬を使っているが・・・元気です。


今までが嘘のよう。。。



「腕がカサカサなの~」と言って自分でクリームを塗っている~~~!




報告6~1



このベッドの角度も初めて見たよ!


痛くて今まではホント寝たきりだったから・・・




報告6~2


でも病状はよくありません。

本人が先生に言われたことは

「脳と他5か所に転移していてギリギリな感じ。」だそうです。


これから本人と先生とで治療をどうするか決めていくみたい。






さてさて、前回のつづきですが・・・


26日の午後に次の日の転院が決まって大喜びだったМ女子。


ところが・・・


その日の夕方、ソーシャルワーカーさんが病室に来て妹に


「今、М女子さんのお父さんとお兄さんが来てこれからの面倒見てくれると言うので

 書類上の手続きをしてもらいました。従って、これからはただのお友達になりますので

 お見舞いはいいですが、病状や何かをお教えすることはできなくなりました。

 この事は転院先のソーシャルワーカーさんにも伝えてあります。」と言い・・・


М女子にソーシャルワーカーさん達が

「お父さんとお兄さんが会って話がしたいと言ってます。」と言ったら


今にも消えそうで声も出せなかったМ女子がどこから出してるんだ?

というような大声で

「絶対にヤダ~~~~~!!!!会いたくない~~~~~!!」と。

ソーシャルワーカーさんが

「私達が見た感じ、お父さんとお兄さんはそんな悪い人には見えないですよ。」



М女子、ソーシャルワーカーさん達を指さしながら


「みんな騙されているのよ~~~昔から外面はいいんだから~~~!」


てな、騒ぎになったのでソーシャルワーカーさんも今回は会わないという事でと


病室を後にした。



そうなんです!お父さんとお兄さんが会いに来てくれたんです。


身内が何でもやればスムーズに事が運ぶはず。


でもねぇ・・・


昔のことを思い出すだけで泣きじゃくるМ女子・・・


その気持ちは本人か、同じ思いをした人だけにしか分からないと思う。



私達は本人の気持ちを優先したいと思うけど・・・そうもいかない事ばかり



こんな感じでいまだ解決していないけど・・・


どうか良い方に向かってくれることを願いながら頑張っています。



今までよりもまた遠くなった病院へは今も出来るだけ通っているよ。


本当にこれからどうなっていくのか全く分からないけど・・・



このまま見守ってもらえると嬉しいな。




笑顔便の件についてのお知らせ



今までたくさんの笑顔便をどうもありがとう!!


ちょっとこの先どんな状態になるか分からないので


今保留にしていますが、このままではみなさんにご迷惑をかけてしまうから


突然で申し訳ないのですが4月15日着で一旦笑顔便を終わらせていただきます。


鶴もたくさん集まりました!


お蔭で治療のできる病院へ移ることが叶ったよ~~~~。


これから先もたくさんの鶴達が彼女を見守ってくれると思う。


そして、みなさんの心のこもった笑顔便に囲まれて笑っていられると思う。


ありがとね。本当に感謝しているよ


また治療が終わり落ち着いたらお願いするかもしれないけど


その時はよろしくね~~~!









本日のおまけ~~~!


昔、TV番組で朝早く芸能人が寝ている部屋にそ~と入り


カメラを回すドッキリみたいなのがあったのよ。


うちもちょっとやってみたよ~


暗い部屋にカメラを持ち込んで

ちょこっと布団をまくってパチリッ


とうしゃんがお休みの朝はいつもこんな状態


とうしゃんの顔のところに引っ付いて寝ているのがぐる

布団の真ん中に伸び切って寝ているのがうたこ


ドッキリ寝起き~1





ちょっと近くに行ってもう一枚撮ったら


ドッキリ寝起き~2


うひゃひゃ~~~!うたこ、フラッシュが眩しいって~~~~!

お目目を隠すんだよ~かわいいよ~~~






 まだまだバタバタですが・・・
ポチポチッと応援お願いします
     
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村



いつもありがとうね~~!
皆さんの応援ポチやコメント本当にありがたいです!とっても励みになります
これからも、ひげ姉妹をよろしくお願いしますね


ぐるの病気の事を心配してくれているみなさん、本当にありがとうね~
ゆっくり治しますよ~~


コメント欄は開けてありますが、今回もお返事はお休みさせてね








2013-04-05(Fri)
 

嬉しいお知らせです!!!!!


25日に違う病院へ治療をお願いに行ったら奇跡が起きました!

なので今まで以上に忙しくなってしまい全くPCに向かえず

みなさんのコメントを見るのがやっとで・・・

笑顔便などが届きましたよの連絡が遅れている事・・・

大切なみなさんのコメントにお返事が遅れている事・・・

笑顔便の第4便の記事のUPが遅れている事・・・

心配で見に来てくれているみなさんの所に伺えていない事などなど

とても気になっているのよ・・・・本当にごめんなさいね。

優しいみなさんに甘えてばかりで。。。。



出来れば2人くらい分身が欲しいわ~~なんちゃって~うふふ。





25日(月) 茨城の予約を入れてある病院へいつ入れるか分からないから

       治療の出来る病院で今すぐにでも治療を始めないといけないので

       ソーシャルワーカーさんが色々な病院をあたってくれて・・・
 
       でもどこもいっぱいで無理だと断られ・・・・

       しかし、一軒だけ放射線治療などの患者さんの予約が100人以上待っているけど

       私達に会って話だけでも聞いてくれるという先生が見つかったので行った。



       病院へ向かう途中、私達は今までガッカリする事ばかりで悔し涙を

       どれだけ流したんだろう・・・と思い、「もう悔し涙も枯れてきたね~

       今日は何も期待しないで私達の出来る事を頑張ってやろうね~」

       なんて話していた。

       

       まずは行った病院のソーシャルワーカーさんに会った。

       とても落ち着いた感じでやっぱり私達よりはずっと若い。

       M女子がいる病院のソーシャルワーカーさんから全て聞いているとのこと。

       
       こちらの病院には治療でお願いに来ているので外科の外来の手続きになり

       外科の先生がお会いしてくれるはずだったけど、急に会えなくなったので

       代わりにと放射線科の女医さんと話す事になった。

       
       女医さん 「まずは預かって来た物を見ましょうか。」と言われ

       私達が主治医から預かった封筒を渡すと

       女医さん 「えっ、これだけ? 最近の検査のデーターは渡されていないの?」

       私達 「はい、それだけです。」

       女医さん 「これだけじゃ何も分からないから何とも言えないわねぇ・・・」

       私達 「えぇーーーーーー!」

       心の中で、あの主治医め!と叫んだよ。。。



       女医さんは診断書を読み、M女子の生い立ちや私達との関係と

       今まで私達がしてきた事などを聞き、しばらく考えていた。

       そして、

       女医さん 「ひとつだけ聞きたい事があるんだけど・・・」

       
       なんだろう?と思い私達は少し緊張した。


       女医さん 「あなた達が彼女にここまでしてあげる理由は何?」


       理由・・・困っているわんにゃんを助けるのに特別な理由が無いように

       理由と聞かれても・・・

       すると女医さんが 「同じ病気をしているの?」と聞いた。


       すかさず妹が 「いえ、バリバリ元気です!」と答えた。

       女医さん 「では、なぜ?」


       そう言われた瞬間、私達は同時に同じ事を言っていた。

       
       私達 「彼女はとてもいい子なんです!!」←大人ですけど・・・

       
       女医さん 「なるほどね・・・」



       それだけ言うと側にいたソーシャルワーカーさんと話しだした。


       生活・・・介護保険・・・外科のベッド・・・

       
       私達は、え?え?何の話してるの?と思って聞いていたが

       たまらなくなった私が 「受け入れてもらえるのですか?」と聞いたら


       女医さん 「そんなにいい子なら、早く助けてあげないとね。」

      
       思いもよらない言葉を聞いて私達はありがとうございます!と言って

       泣きじゃくった。今回は嬉し泣きです。


       
       泣いている私達に向かって女医さんはこう言った

       「失礼な事を言うけど・・あなた達の年齢で家庭もあってじゃ

        ここまでしてくるのは経済的にも負担が大きく大変だったんじゃないの?

        お友達の為に本当に色々とよく頑張ってきたわね。すごいと思う。

        これからは経済的な事も彼女の事も何も心配いらない様に

        病院の方で引き受けるから大丈夫よ。

        茨城の病院とも連絡を取り合って治療などを決めていくから安心して。」

     
        こんな優しい言葉をかけられて、涙が止まらないおばちゃん姉妹。


        側にいたソーシャルワーカーさんが先生に

        「先生、本当にありがとうございます!!ありがとうございます!」

        と喜んでよかった~と言いながら胸を撫で下ろしていた。


        そして、

        女医さん 「明日(26日)に外科のおやじ(先生の事らしい)が帰って来たら

              すぐにベッドの用意をさせるから27日に移動ね。

              すべて整ったら明日連絡します。

              誰も居なくてもこちらできちんと出来ますからわざわざ茨城から

              来なくても任せて大丈夫よ。」と。


        私達 「えぇーーー27日!早っ!すごい・・・」


        それに27日と言えば・・・例の主治医との話し合いの日。


        これが本当なら・・・うひゃ~ひゃ~話し合いなんて要らないぞ~!



        私達は何度も先生とソーシャルワーカーさんにお礼を言った。


        女医さんが 「彼女の状態が分からないから治療など件で

               あまり期待させるような事は言わないでね。」


        もちろん!分かっています!

         
        私達は彼女の所に帰って転院の事は伝えても、27日に決まっていることを

        飲み込むつもりだから。もしダメになった時の彼女のショックを考えて。





        全て終わって病院から出た時、私達は手を取り合ってヤッターと叫び

        ビョンビョン飛び跳ねていた。。。泣き笑いしながら。

        ちょっと異様な光景かも・・・
        


        そして駐車場に向かいながら空を見上げたら

        みんなの願いと祈りのパワーをビンビン感じたよ!   

        そのパワーはピンポイントで病院に注がれていたんだよきっと。

        みんなのお陰だよ。本当にありがとう!



        病院に戻りM女子に伝えたら

        M女子 「何の連絡もなかったから・・・今回もダメで

             また他の病院を探さないといけないかと思ってた・・・

             なんか信じられない・・でも嬉しい~~!

             本当に良かった~~!」と言って泣いていた。


        



26日(火) 午後に約束通り受け入れの準備が出来たと連絡があった。

      27日が転院日と知ったM女子は本当に喜んだよ~~うへへ。

      これでもう主治医と話す事など何もなくなった。

      私達が話し合いの為に用意した時間は転院の為の時間に変わった。


27日(水) いよいよ転院の日!

      9時半、約束通り介護タクシーがストレッチャーでお迎えに来た。



  出発~~~!    

転院です~♪

ここ何日か何も食べられずに吐いてばかりいて力が無いのに

カメラを向けるとうれしくてピース。



そして、桜が見たいと言っていた彼女の願いが叶って

移動中に満開の桜を沢山見る事が出来、うわ~~きれい~~を連発。

ほんときれいだね。見る事が出来て良かったね。


転院です~~♪2





病室に着くと「脱出成功~~~!」と笑いながら又もやピース。


転院です~♪3


この後、先生が来て「向こうの病院から持って来てもらったCD-ROMに入っている

          検査結果が古過ぎて・・・転院して来て疲れているところ悪いけど

          午後から全て新たに検査をさせてもらうね。」だって。


主治医・・・最後までやってくれるね・・・言葉が無いよ。。。






と言う事で、ドラマの様な事が起こり無事に転院する事が出来ました~~~!

みなさん、本当に本当にありがとう!!!感謝しています!

祈りを込めて折ってくれた鶴も4000羽を越えました!

鶴達が小さな翼を広げて彼女を新しい病院へと運んでくれたのよね。

私達だけでは出来なかった・・・みなさんがいてくれたから。



あっ、でもねぇ・・・

この嬉しい転院の話と同時に、またもう1つドラマみたいな事が起きているのよ・・・

ちょっと厄介な事になっていて・・・

その事で只今バタバタ中~~~げげげっ。

長くなるから今回はこの辺で・・・つづく。


なのでまだまだ終わりではありませんから、どうぞこれからもみなさんの応援

そしてパワーをお願いしますね~~~~!











あたちたちは げんきで、いいこでちゅよ~~おるしゅばんばかりだけど・・・
元気でちゅ~♪


ちょっと不満そうなお顔・・・娘達よ・・・ごめんね。             
         

                                 

             

 まだまだバタバタですが・・・
ポチポチッと応援お願いします
     
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村



いつもありがとうね~~!
皆さんの応援ポチやコメント本当にありがたいです!とっても励みになります
これからも、ひげ姉妹をよろしくお願いしますね


ぐるの病気の事を心配してくれているみなさん、本当にありがとうね~
ゆっくり治しますよ~~


コメント欄は開けてありますが、今回もお返事はお休みさせてね





           

       

      
2013-03-29(Fri)
 

途中報告5~~呆れる・・・(_ _。)・・・シュン



みなさん、温かなコメントや応援ありがとうございます!

ご訪問やコメントのお返事などに伺えませんが

近況は気になるかと思い簡単に更新しますね。



20日(水)から妹が泊りで病院に行っているせいかM女子は今までよりちょっと

元気になった感じで、21日(木)はかなりのハイテンションで喋りまくり

妹も大丈夫か?と反対に心配になる位だった。


しかし・・・


22日(金)に病室へ行ったら・・・

昨日ハイテンションだったM女子がすっかり落ち込んでいた。

妹が理由を聞いたら


M女子「主治医が今朝8時に病室へ来て今の病状説明と余命(3か月)の宣告をして行った。」


妹は頭に来てナースステーションに駆け込み先生を呼び出し


妹「3月14日に先生と話し合った時に、彼女が精神的にショックを受けない様に
 何か言う時は私達に一度声をかけてくださいって言いましたよね?」



主治医「いいえ、そんな事は聞いていません。」


妹はこれでは話にならないと思い、またその時にいたメンバー

(主治医、看護師1名、ソーシャルワーカーさん2名、私達)で

話がしたいので時間を作ってくださいと言った。





そのあとにソーシャルワーカーさんに会ったらソーシャルワーカーさんが


「なぜ、彼女は何も言わずに病状説明書に黙って承諾しましたのサインをするんですか!
 あんなもの投げつけてやればいいのに!
 もし私が病室でいきなり余命宣告なんてされたら大声で泣きわめいて
 側にある物を何でも投げつけていると思うのに!
 どうして彼女は我慢するんですか!そんな必要ないのに・・・
 
 何でも言っていいんです!どんなわがままでも言ってくれたら
 がんばって動きますから!」

と興奮気味に妹に言ってくれた。


本当に良いソーシャルワーカーさんで・・・とても感謝しています。


話し合いは27日に決まりました。

主治医がその時の条件で今度は本人も同席がさせる事を言ってきた。





妹は22日の夜に家に帰り、23日に私が病院へ向かったが

事故渋滞にハマって着くのがお昼位になってしまったら

M女子が「3日間、ひとりじゃなかったから誰もいないとすごく不安になっちゃった。」

って言ったよ。 ほんとだよね。午前中ひとりにしちゃったね、ごめんね~~。




この日の夕方、主治医が部屋に来たので使っている薬などの事をちょっと

聞きたいと言ったら、ナースステーションでと言うので

ハム夫くんも一緒に話を聞きに行った。



その時私は先生に言いたい事があったけど・・・

27日があるのでグッと我慢した。。。

しかし、27日に話し合いに参加出来ないハム夫君が

どうしても主治医に聞きたい事があると言った。



ハム夫「私達は素人で医療の事はよく分かりませんが・・・
    
    病気と闘っている患者さんは、これからどうなるんだろう?という
    
    不安な気持ちやいつまで生きられるんだろう?などの恐怖におそわれ
    
    私達には想像もできない過酷な日々を送っていると思います。
    
    そしてましてや余命宣告となれば、もう、あなたはここまでしか生きられないと言う

    とてもじゃないけれど受け入れられない事実を突き付けられるのだから

    普通の精神状態ではいられないと思うんですが・・・

    先生はその事についてどうお考えですか?」と聞いたら




主治医「えーえー、そうですよね。だから私も患者さんの気持ちを一番に考え

    ているので、M女子さんにどうしてあげたらいいかいつも考えているんですよ。」


と言うのを聞いたら、私の黙っているはずの口が勝手に動いて



   
   私「気持ちを一番に考えている??だったら何故、転院を心待ちにしている彼女の

     体力と気力をUPさせようと頑張っている私達の事を知りながら

     このタイミングで余命宣告をしたんですか?

     私達が何か聞くと守秘義務だから・・・と言いますが

     個室ではない病室で病状説明や余命宣告をする事は

     先生の言う守秘義務が守られていると言うのですか?

     先生は30年以上医者をやっていると言いましたが

     彼女みたいな症状の患者さんに対して医療技術も大切だけど

     それ以上に心のケアが必要で大切である事が最近では色々と

     研究されているのに、その事に関して勉強はしていないのですか?」


と、ハム夫君が言うには病室まで聞こえるような大きな声で言っていたらしい。。。



でも主治医は 「あなたは誰でしたっけ? 友達ですよね。本人はなんて言ってるんですか?」

                 
 
そうです。本人は私達には言えても主治医には言えません。


ソーシャルワーカーさんも何故言わないんでしょうか?と言っていたけど・・・


M女子の立場にならなければ分からない事もある。


多分怖いから言えないんだと思う。。。

毎日ボディーガードがついていて自分を守ってくれるのなら

明日にはもう顔も見なくていいのなら

きっと言えるのかもしれないけど、ひとりで闘わなければいけないのだから・・・


妹がいない時間に来て余命宣告をするくらいの主治医と。




私達は今更、病院とか主治医とかをどうにかしたいなんて考えてはいません。

そんな事に使う時間は今はないも同然。

今の私達にとっては彼女を転院させてあげるのが目標であり

その為には出来るだけ主治医や看護師さん達に協力して頂きたいと願うばかりなのです。


ただただ、それだけ。それだけなのに。。。



明日はまた違う病院へ治療をお願いしに行って来ます。        


出来る限りの事を。


みなさんの応援がとてもありがたいです。感謝しています






まだまだバタバタですが・・・
ポチポチッと応援お願いします
     
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村



いつもありがとうね~~!
皆さんの応援ポチやコメント本当にありがたいです!とっても励みになります
これからも、ひげ姉妹をよろしくお願いしますね


ぐるの病気の事を心配してくれているみなさん、本当にありがとうね~
ゆっくり治しますよ~~


コメント欄は開けてありますが、今回もお返事はお休みさせてね











2013-03-24(Sun)
 
pukkupukuちゃんのブログだよ~♪
ランキングに参加♪
ポチッとよろしくお願いします。
プロフィール

Komomo姉

Author:Komomo姉
趣味 くま作り
苦手 パソコン
アラフィフ主婦
ドイツ好き
姉妹で活動(くま、木工、羊毛フェルト)
ハム夫君(ファイターズファンの主人)

2011年8月まではずーっとわんこ達と
暮らしていたがお星様に。

2011年11月より現在は白黒にゃんこの
ヤンチャ娘達と暮らしている。

時々登場♪
4わん(チロ、まる、ムー、くま)
保護わんこ達、2008年までは一緒に暮らしていたが現在は妹夫婦のお家♪

2レンジャー(病気と闘う両親)
ちゃーこ♪(両親の白にゃんこ)



♪遊びに来てくれて
ありがとうございます♪

リンクフリーですよ(*^_^*)

うちの娘達♪
ぐるでちゅ~♪ ぐる。女の子。 2011.11.15うちの子になる(約生後1ヵ月)。 ケガをして国道にいたところをハム夫君が保護。 後遺症で発作あり。 超ビビリでアマアマ。 今はうたこのストーカー! 2012.10  自己免疫性溶血性貧血発症
うちの娘達♪
うたこでちゅ~♪ うたこ。女の子。 2011.10.1に野良にゃんこ母さんから生まれ 保護団体のポチたま会さんで里親募集。 2012.8.18うちの子になる。 とっても優しくてひょうきん。 ポチたま会
新しい家族を考えている方はこちら♪

SOSです!
愛媛県松山市で仔猫の里親さん、地域猫の保護などにお力を貸して頂ける方がいましたらよろしくお願いします。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お買い物~♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR